ランドセル通信0

  1. >
  2. 最近のランドセルの傾向

最近のランドセルの傾向

現在私の息子は幼稚園に通っている年少さんですが、先輩のお母様から最近のランドセル事情についてお伺いすることがありました。

様々なランドセルが売られている中、人気なモデルや人気な色はすぐに売り切れてしまうこと、秋に買っていては遅い、夏までに買わないと自分の欲しいものは手に入らない、とのことでした。また、最近はA4サイズが入り、大きな水筒やお道具箱などがすっぽり入る大きめのデザインが流行っているみたいです。自分の息子の時も、購入の参考にさせてもらいます。

兄弟姉妹割引してください!!笑

私が子供の時にはなかった機能(肩ベルトが上下だけでなく左右に動く、学校でもらうファイルの大きさに合わせてある作り)や色の種類(私の時には男子は黒、女子は赤!と決まっていた)など、ランドセルも進化しているのだなあーと思います。

今では大手企業さんではランドセルを支給して下さる会社もあるようですよ。

我が家では名古屋の同じ会社から上の子から下の子までみんなお世話になりました。

毎回思うのは兄弟割引してほしい!です(笑)

年々、値上がりしていますが今の時代の商品は結構頑丈に作られていますからそうそう壊れることもありません。

もう少し安ければ嬉しいです。

まあ子どもが気に入っていれば親の私たちはそれでいいんですけどね♪

ランドセルについての思い出

両親の初めての子でしたのでランドセルを買ってもらいました。赤い牛革のもので、つややかでかっこよかったですし、頑丈で、投げ出されても全くパーツがちぎれることもありませんでした。

しかし、下の弟になるとランドセルを買う余裕が無かった為、赤い私のランドセルを黒く塗りつぶして使うようになりました。

更に下の弟に関しては、「ランドセルは強制じゃない」と学校側の了承もあるうえで普段用のバッグ投稿をしていました。

私の周りは、住んでいる地域がら、ランドセルを持っていない家庭も多くありました。

私が小学校を卒業するちょっと前ぐらいに、PTAと職員の先生たちが、毎日会議室で打合わせをしていたことを覚えています。

ルール的にはどうにせよ、やっぱり、ランドセルってある種の憧れでもありますよね。きっと。

もっと手ごろな価格の物があればいいのになーとこの歳になっても思う事であります。

↑ PAGE TOP